ストレッチで血行をよくする

目元のクマには顔全体のストレッチがオススメ

ストレッチで血行をよくするコメント(0)トラックバック(0)

目元のクマというのは、どうしても不健康なイメージを与えてしまいます。
疲労や寝不足によって生じることが多く、自己管理ができていないという
レッテルを貼られることもあります。血流悪化がクマの要因なので、
普段から目の周辺の筋肉をほぐし、血行を良くすることが大切です。

そのために役立つのがストレッチです。顔をリラックスさせた状態で、
各パーツを動かしていきます
顔のパーツを適切な位置にするには、眉毛・目・鼻・口などを縮め、
そのまま5秒間ほど維持し、それから力を抜いて自然な状態にします。

続いて、顔を伸ばす動作をします。
目をいっぱいに開け、口元も上に引き上げ、顔の皮膚を伸ばしてから
5秒間ほど我慢します。それから、自然と元の状態に戻していきます。

ストレッチの回数は決まっていませんが、だいたい5回くらい行えば
効果が体感できるとされます。
顔の筋肉が柔軟になると、自然と血行も良くなります
 
疲れ顔になっていたり、口や目が上手に開かないときは、顔の筋肉が
疲れているか、血行が悪くなっているのが要因です。

ストレッチのタイミングとしては、入浴時や眠る前がオススメです。
スキンケアを行うついでに実践すれば、かなり手間を省けるはずです。

顔の血行を良くすれば、見た目にも健康的な顔になります
顔色もよくなり、化粧ノリもよくなるはずです。
顔全体の血流を良くすることは、美顔を手に入れるための基本です。
ぜひ、紫外線対策と併せて実践しましょう。

肩の血行を促進する簡単ストレッチ

ストレッチで血行をよくするコメント(0)トラックバック(0)

血流が悪くなると、人体にさまざまな悪影響をおよぼしますが、
なかでも代表的なのが肩こり・腰痛などのコリです。
コリが悪化すると、体が思うように動かせなくなります。仕事や
勉強の効率も悪くなるので、早期のうちに解消したいものです。

そのためには、血行を良くすることが基本となります。
効果的な方法には、電気治療器や施設でのマッサージがありますが、
何度も通っていると高額な費用がかかるものです。

費用をかけずに効果を出したいなら、自宅でできる血行を良くする
ストレッチがオススメです。
簡単な伸縮運動ならば、小休止の合間に実践できます。
 

■肩こりの解消法

最初に、首を前後・左右に移動する動作を行いましょう。急いで行うと
気持ち悪くなることがあるので、ゆっくり動かしてみましょう。

続いて、両手の指を組み合わせます。そして、手の平を天井に向けて
上げていきます。十分に伸びきったら、手を体の後方で組みます。

背中とは逆の方向に手の平を向け、少しずつ腕を上げていきます。
腕を上げるのが難しい人は、背もたれ(イスなど)を利用して支点に
すると便利です。
最後に、肘を支柱として腕を手前に寄せる動作を左右セットで行います。
 

この一連の動作により、肩の血行が良くなるはずです。
肩こりを解消するコツは、周辺の筋肉も同時にほぐすことです。

肩の血行だけが良くなっても、周辺が凝り固まっていれば、結果として
血流は悪くなってしまいます。体の不調を解消するには、体全体の
血流をスムーズにすることが大切なのです。

骨盤の歪みを骨盤矯正ストレッチで改善する

ストレッチで血行をよくするコメント(0)トラックバック(0)

下半身の支点となるのが骨盤です。
骨盤の歪みは、むくみ・血流悪化などの人体の不調につながります
骨盤を正常にするためには、骨盤矯正によるケアが役立ちます。

特に女性ならではの疾患の多くは、骨盤の血流悪化が大きく関連して
います。血行を良くして体調を正常にするためにも、骨盤矯正は有意義
なケアなのです。
 
腰痛や肩こりなどは、疲労だけが要因ではなく、骨盤の歪みも関係して
います。また、美容を保つためにも骨盤矯正は役立ちます。
姿勢が正しくなることで、ヒップアップなどのスタイル向上につながるのです。

骨盤矯正によって血行を良くするのは、整体などによる施術が一番効果的
です。これが無理な人は、自宅でのケアにより骨盤を矯正しましょう。

■骨盤ストレッチの方法

・立った状態でのストレッチ

足を交差させながら直立します。そして、膝を少しずつ屈曲させていきます。
それから膝を元に戻し、再び曲げるという動作を繰り返します。
血行を良くするコツは、行うときに背筋をピンと真っすぐにすることです。

回数の目安としては、15~30回くらいがいいでしょう。
その後は、左右の足を入れかえて、再び15~30回ほど行います。

・座った状態でのストレッチ

イスに着座し、軽く左右の膝を密着させます。それから、尻の下にある足の根元
に両手を入れます。このスタイルで、お尻の上下運動を左右順番に行います。
回数の目安としては、15~30秒を1セットとして、1日に2セットとします。

TOPPAGE  TOP