フットバスで血行を良くする

血行を手軽に良くしたいなら、フットバスを活用しましょう
全身浴や半身浴を頻繁に行うことに抵抗がある人にオススメです
フットバスのメリットは、部屋で行えることにあります。

専用の足湯器やバケツ(洗面器)などを用意し、湯温を40~42度くらいに
設定します。あとは湯に足を入れ、少し汗ばむくらいまで続けます。
血行を良くする一番のポイントは、足を温めることだとされます。
心臓から最も遠い位置にある足を温めることで、
全身に温浴効果がおよぶのです。

フットバスならば、本を読んだり、映画を観たりしながら行えるので退屈しません。
入浴するのと比べて手軽なので、誰でも続けやすいのがメリットです。

■フットバスの効果

足だけ温めるので効果が弱いと感じる人がいますが、想像以上の温浴効果が
あります。フットバスを行ったあとに体温を測ると、37~38度くらいまで上昇します
その後は平熱まで下がりますが、毎日継続することで基礎体温が少しずつ
上昇していきます。

基礎体温の上昇は、免疫力を向上させることにもつながります
人間の体は、血行を良くして温めた部位ほど病気になりにくいという性質があります。
人体で最も温かい心臓は、ほとんどガンになることがありません。
また、血行が極限まで悪くなると、その部位から細胞が壊死していきます。

細胞を活性化させて免疫力を高めるには、フットバスは非常に役立ちます
特に眠る前に行うと、リラックスしたまま床に就けるのでオススメです。

関連記事

  1. マッサージで足の血行を良くする
  2. フットバスで血行を良くする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://junon.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/14

コメントする

TOPPAGE  TOP