全身浴で血行を良くする

入浴法の一つに全身浴があります。これは、通常の入浴法のことを言い、
普通に湯船に浸かって体を温めている状態を指します。
 
人間の体は、温めることで毒素を排出する機能があります
体内の有害ミネラルなどの毒素が排出されると、体が軽くなって
病気になりにくくなります。
デトックスと呼ばれる健康法では、入浴によって血行を良くする重要性を
唱えています。
 
また、入浴にはリラックス効果もあります。
入浴時は副交感神経が活発になっており、ストレスを解消する
ためには理想的なタイミングなのです。
入浴して30分くらいしてから床に入ると、スムーズに眠りにつけるとされます。
 
 
■入浴時の湯温
 
血行を良くするためには、高いほうが効果的だと思われる人が多いでしょう。
しかし、高い湯温の場合、皮膚は温まりますが、体の芯までは熱が通りません。
もし芯まで温めようと頑張っても、その前にのぼせてしまうでしょう。
 
理想的な湯温は、38~40度だとされます。この湯温に設定し、20分くらい
浸かると全身がポカポカになります
軽く汗ばむ程度が入浴時間として適しています。
 
■水を使用する
 
効率的に血行を良くするためには、湯と水を使いこなすことです。
温めてから冷ますというサイクルを何度か行うことで、体内の血液の循環が
向上します。
 
また、湯船から上がったときも、いちど水をかけると湯冷めしにくいのです。
体に浴びる水の温度は、20度くらいが理想的です。湯と水を交互に使えば、
肩や腰などのコリを解消することもできるでしょう

関連記事

  1. 半身浴で体を温めよう
  2. 全身浴で血行を良くする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://junon.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/12

コメントする

TOPPAGE  TOP