血行をよくする入浴方法

半身浴で体を温めよう

血行をよくする入浴方法コメント(0)トラックバック(0)

半身浴という入浴法がブームです
この入浴法は以前からありましたが、近年になってから手軽に
行えることで有名になったようです。

全身浴は血行を良くするために効果的ですが、長い時間の
入浴を嫌う人もいます。半身浴の場合は、ヘソの下までしか
浸からないので、体への負担が非常に軽いのです。
一番のメリットは心臓に優しいことです。

そのため、全身浴をすることで疲労を覚えてしまう人に適して
いるのです。首や肩のコリを解消する場合は全身浴のほうが
適していますが、半身浴でも湯船で温めたタオルを首・肩に
貼り付けることで対処できます。

■半身浴の方法
ヘソの下まで湯に浸かり、20分程度入浴します。
湯温は全身浴の場合の38~40度くらいに設定しましょう。
半身浴が優れているのは、のぼせるリスクが非常に低いことです。
ヘソよりも高い位置まで湯があると、のぼせる要因になります。
のぼせないためのコツは、湯をヘソの下に設定することです。

■半身浴のメリット
半身浴は、全身浴とそれほど変わらない効果を発揮します。
体の血行を良くするためには、非常に安心で効果的だと言えます。
下半身を温めるだけでも、血液は体中を循環しているため、
まんべんなく温浴効果が期待できるのです。

■水分補給の大切さ
全身浴・半身浴に関係なく、水分補給は欠かせません。
入浴前にコップ一杯の水を飲んでから入りましょう。
入浴中は血液の粘度が増してドロドロになると言われています。
血行を良くするためにも水分補給は大切です

全身浴で血行を良くする

血行をよくする入浴方法コメント(0)トラックバック(0)

入浴法の一つに全身浴があります。これは、通常の入浴法のことを言い、
普通に湯船に浸かって体を温めている状態を指します。
 
人間の体は、温めることで毒素を排出する機能があります
体内の有害ミネラルなどの毒素が排出されると、体が軽くなって
病気になりにくくなります。
デトックスと呼ばれる健康法では、入浴によって血行を良くする重要性を
唱えています。
 
また、入浴にはリラックス効果もあります。
入浴時は副交感神経が活発になっており、ストレスを解消する
ためには理想的なタイミングなのです。
入浴して30分くらいしてから床に入ると、スムーズに眠りにつけるとされます。
 
 
■入浴時の湯温
 
血行を良くするためには、高いほうが効果的だと思われる人が多いでしょう。
しかし、高い湯温の場合、皮膚は温まりますが、体の芯までは熱が通りません。
もし芯まで温めようと頑張っても、その前にのぼせてしまうでしょう。
 
理想的な湯温は、38~40度だとされます。この湯温に設定し、20分くらい
浸かると全身がポカポカになります
軽く汗ばむ程度が入浴時間として適しています。
 
■水を使用する
 
効率的に血行を良くするためには、湯と水を使いこなすことです。
温めてから冷ますというサイクルを何度か行うことで、体内の血液の循環が
向上します。
 
また、湯船から上がったときも、いちど水をかけると湯冷めしにくいのです。
体に浴びる水の温度は、20度くらいが理想的です。湯と水を交互に使えば、
肩や腰などのコリを解消することもできるでしょう

TOPPAGE  TOP