目のツボマッサージ法で血行を良くする

現代人は目を酷使することが多く、特に事務職やパソコンを使う
仕事に就いている人は大変でしょう。目が疲労しやすい状況は、
パソコンの前に長時間座っている人、本や雑誌などの文字を読む
機会が多い人などです。
 
目の疲労回復のためには、1時間に1回くらい小休止をとり、
目の血行を良くするマッサージを行うことです
 
■目のツボマッサージ
 
・さん竹(さんちく)
眉頭に位置しています。
 
・瞳子りょう(どうしりょう)
目尻の横に位置しています。
 
・晴明(せいめい)
目頭のくぼんだ箇所にあります。
 
・四白(しはく)
下まぶたの真ん中に位置しています。
 
目の血行を良くするには、これらのツボを指圧していきます。
気持ちよい痛みを覚えるくらいの力で行い、1つのツボに対して
5~6回ほど刺激しましょう
 
ツボの場所は少しくらいズレても効果が期待できます。目の周辺を
マッサージするだけで疲労が回復するので、正確な場所が把握
できない場合は普通にマッサージするとよいでしょう。
 
目をマッサージするときは、あまり力を入れないで行いましょう
粘膜で構成されている目は、ほかの部位と比べて繊細です。
目がかゆくて掻いているだけで傷を付けることがあります。
 
また、粘膜に触れることで菌を付着させてしまうケースもあるので、
あくまで皮膚の部分からマッサージするようにしましょう。
マッサージが難しい場合は、目をつぶってから指でグルグルと
皮膚を回すだけでも血行が良くなります
 
仕事の合間など、時間を見つけて実践してみましょう。 

関連記事

  1. 目の体操で血行を良くする
  2. 目のツボマッサージ法で血行を良くする
  3. 目の疲れを癒すにはホットパック法

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://junon.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/9

コメントする

TOPPAGE  TOP