目の疲れを癒すにはホットパック法

ホットパック法とは、目の周辺の血流を促進する手段です。
温めることで血行を良くし、目を楽にしてくれます。
 
いくつかの方法がありますが、一番簡単にできるのは
蒸しタオル」を使用して行うものです。
水を含ませたフェイスタオルを絞り、ラップに巻いたり
ビニール袋に入れて電子レンジで加熱するだけです。
 
1~2分くらい加熱したら取り出し、両目を覆うくらいの
大きさまでたたみます。あとは、まぶたにタオルを乗せ、
5~10分くらい温めるだけです。完全に乗せる前に、
タオルの温度を調べてみてヤケドしないようにしましょう
 
リラックスして行ったほうが効果的なので、布団やベッドに
寝た状態で行うのが理想でしょう。簡単なケアではありますが、
目の血行を良くするには非常に優れた方法です。
目の疲労の解消とともに、ストレスも軽減するでしょう。
 
人間の体のなかで、最も酷使される器官が目だと言われています。
それだけダメージが蓄積しやすいため、日常のなかで意識的に
ケアをすることが大切なのです。
 
目の血行を良くするホットパック法は、温めることで血液中の
毒素を排出することにもつながります。毒素が排出されると、
栄養素と酸素をふんだんに含んだ血液が供給されるようになります。
これにより、目の疲労や緊張を軽減できます。
 
ホットパック法は、目の保護機能を促進する役割もあります。
目の粘膜にある液体がスムーズに分泌されることで、
目をガードする役割が高くなるのです。
 
 
 
 

関連記事

  1. 目の体操で血行を良くする
  2. 目のツボマッサージ法で血行を良くする
  3. 目の疲れを癒すにはホットパック法

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://junon.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/7

コメントする

TOPPAGE  TOP