目の疲れを癒す方法

目の体操で血行を良くする

目の疲れを癒す方法コメント(0)トラックバック(0)

目を酷使していると、充血したりショボショボしたりします。
この状態は、目の周辺の血流が悪化しており、疲労が蓄積しています。
 
そのまま放置しておくと、作業効率が悪くなるだけでなく、
肩こりや頭痛の要因にもなります。
目が疲れたときは、目の血行を良くする体操が効果的です。
 
■まばたき体操
 
 
 
まばたきを1~2分くらい行うだけの方法です。
目を開けたり閉じたりする動作をリズミカルに行います
事務職やパソコンを使う仕事に就いている人に適しています。
 
■目回し体操
 
眼球を動かすだけのシンプルな運動です。
左右・上下・一回転という流れで眼球を動かしていきます。この動作を
3~5回くらい繰返せば、目の血行を良くするのに役立ちます
この体操は、1~2時間に1回行うだけでも効果が体感できます。
休憩時間やちょっとした合間に実践してみましょう。
 
目という部位は、血液の流れが悪化しやすいのです。一点を見ている
ことが多く、筋肉が緊張することが一番の要因のようです。
 
目が疲れやすいのは、パソコンを使用する時間が長い人です。
画面の活字や画像を注視することで、目の筋肉をこわばらせます。
目の血行を良くするためには、30分に1回のペースで行うのが理想です。
 
目の健康の秘訣は、血流を解消することです
それだけで、眼精疲労を軽減するだけでなく、老眼の予防・視力の維持
などが可能になるのです。目の血行を良くする体操の種類は多いので、
自身に適した方法を見つけて実践しましょう。 

目のツボマッサージ法で血行を良くする

目の疲れを癒す方法コメント(0)トラックバック(0)

現代人は目を酷使することが多く、特に事務職やパソコンを使う
仕事に就いている人は大変でしょう。目が疲労しやすい状況は、
パソコンの前に長時間座っている人、本や雑誌などの文字を読む
機会が多い人などです。
 
目の疲労回復のためには、1時間に1回くらい小休止をとり、
目の血行を良くするマッサージを行うことです
 
■目のツボマッサージ
 
・さん竹(さんちく)
眉頭に位置しています。
 
・瞳子りょう(どうしりょう)
目尻の横に位置しています。
 
・晴明(せいめい)
目頭のくぼんだ箇所にあります。
 
・四白(しはく)
下まぶたの真ん中に位置しています。
 
目の血行を良くするには、これらのツボを指圧していきます。
気持ちよい痛みを覚えるくらいの力で行い、1つのツボに対して
5~6回ほど刺激しましょう
 
ツボの場所は少しくらいズレても効果が期待できます。目の周辺を
マッサージするだけで疲労が回復するので、正確な場所が把握
できない場合は普通にマッサージするとよいでしょう。
 
目をマッサージするときは、あまり力を入れないで行いましょう
粘膜で構成されている目は、ほかの部位と比べて繊細です。
目がかゆくて掻いているだけで傷を付けることがあります。
 
また、粘膜に触れることで菌を付着させてしまうケースもあるので、
あくまで皮膚の部分からマッサージするようにしましょう。
マッサージが難しい場合は、目をつぶってから指でグルグルと
皮膚を回すだけでも血行が良くなります
 
仕事の合間など、時間を見つけて実践してみましょう。 

目の疲れを癒すにはホットパック法

目の疲れを癒す方法コメント(0)トラックバック(0)

ホットパック法とは、目の周辺の血流を促進する手段です。
温めることで血行を良くし、目を楽にしてくれます。
 
いくつかの方法がありますが、一番簡単にできるのは
蒸しタオル」を使用して行うものです。
水を含ませたフェイスタオルを絞り、ラップに巻いたり
ビニール袋に入れて電子レンジで加熱するだけです。
 
1~2分くらい加熱したら取り出し、両目を覆うくらいの
大きさまでたたみます。あとは、まぶたにタオルを乗せ、
5~10分くらい温めるだけです。完全に乗せる前に、
タオルの温度を調べてみてヤケドしないようにしましょう
 
リラックスして行ったほうが効果的なので、布団やベッドに
寝た状態で行うのが理想でしょう。簡単なケアではありますが、
目の血行を良くするには非常に優れた方法です。
目の疲労の解消とともに、ストレスも軽減するでしょう。
 
人間の体のなかで、最も酷使される器官が目だと言われています。
それだけダメージが蓄積しやすいため、日常のなかで意識的に
ケアをすることが大切なのです。
 
目の血行を良くするホットパック法は、温めることで血液中の
毒素を排出することにもつながります。毒素が排出されると、
栄養素と酸素をふんだんに含んだ血液が供給されるようになります。
これにより、目の疲労や緊張を軽減できます。
 
ホットパック法は、目の保護機能を促進する役割もあります。
目の粘膜にある液体がスムーズに分泌されることで、
目をガードする役割が高くなるのです。
 
 
 
 

TOPPAGE  TOP