顔の血行をよくする

顔の血流促進には蒸しタオルで簡単ケア

顔の血行をよくするコメント(0)トラックバック(0)

顔の血流の悪化は、むくみ・クマ・たるみなど、さまざまな症状を
引き起こします。寝不足や疲労が続くと、どんな人でも血流が悪く
なるので、自主的な方法を実践して血行を良くすることが大切です。

そのままの状態を放置すると、老け顔の原因にもなります。
若々しい顔を維持するためには、常に血行を良くすることで
栄養分の供給をスムーズにすることが大切なのです。

■簡単にできる血流促進の方法

フェイスタオルさえあれば、普段の洗顔時に手軽に実践できます。
最初に、蒸しタオルを用意します。作りかたは、タオルに水分を含ませ、
ビニールの袋に入れて温めるだけです。
電子レンジを利用すれば、1~2分くらいで完成します。

そして、顔全面にタオルを乗せます。
このとき、呼吸をしやすいように、鼻の部位だけは避けるようにしましょう。
オススメのやりかたは、タオルを二つ折りにしてU字型にしてあてがう
スタイルです。蒸しタオルを置く時間は、2~3分くらいがよいでしょう。
 
室温が低いときは、途中でタオルが冷えてしまうケースがあります。
この場合は、目標時間に満たなくてもタオルを外しましょう。血行を
良くするためには、冷たいタオルをあてがうのは逆効果となるからです。

顔を十分に温めたらパッティングを行います。
コットンに化粧水を染み込ませて行うことで、血行を良くするだけでなく、
毛穴の引き締め効果も期待できます
最終の仕上げは、クリームや乳液を塗って保湿します。
 

 

  
 
 
 
 
 
 
 

かづきれいこの30秒でできるお手軽顔マッサージ

顔の血行をよくするコメント(0)トラックバック(0)

かづきれいこさんは、フェイシャルセラピストとして有名です。
かづき流の血流マッサージは、雑誌やテレビなどのメディアでも評判に
なっています。非常に短い時間で実践でき、顔の血行を良くできるとして
人気が集まっています。

1回30秒という手軽なマッサージにより、目のクマ・たるみ・むくみなどの
症状を改善できるのです。
それにより、皮膚が元気になってうるおいも増します。
顔の元気を回復させるには、血行を良くすることが一番大切なのです。

■かづき流 血流マッサージの方法

マッサージで使用するスポンジ(厚い五角形タイプ)と美容液をそろえます。
スポンジを濡らし、絞って水気を無くします。
スポンジに残った水分は、タオルを使用して取り除くとよいでしょう。

美容液はあらかじめ手の平に1プッシュ分ほど乗せておきます。
そして、スポンジに美容液を染み込ませます。
続いて、こめかみ部を左右のどちらかの手で上部に引き寄せます。
そのままの体制で、スポンジを空いたほうの手で持ち、
目尻~目頭~こめかみ~耳下~アゴの順番で移動させます。

ここで注意したいのは、目の周辺のマッサージです。
かなり皮膚が繊細なので、なでるような感覚で行うようにしましょう。

フェイスライン(耳下~アゴまで)をマッサージするときは、
やや力を入れて顔に蓄積した老廃物を排出するイメージで行います。
この動作を左右で同じ回数行います。血行が良くなると、
顔が引き締まって爽快感が得られるそうです。
  

 

 
 
 
 
 
 
 

顔のマッサージでむくみ解消

顔の血行をよくするコメント(0)トラックバック(0)

顔のむくみを解消するためには、顔マッサージが有効です。
顔マッサージによって血行が良くなると、スキンケアの効果が
倍増するでしょう。
 
主な方法には、運動・スポーツを行ったり、風呂に入ったりする
方法があります。ただ、これらの方法は人によっては行えない
日もあります。コンスタントに実践するためには、もっと手軽な
方法が欲しいところです。

■手軽にできる顔マッサージ

顔マッサージで血行を良くする方法を紹介します。
最初に、鎖骨の凹んだ部位にあるリンパ節をマッサージします。
体液の一種であるリンパ液が停滞すると、不要物質を体外に出す
ことが難しくなるのです。有害ミネラルなどの不要物質は、
蓄積すると肌荒れの要因になります

リンパ節をマッサージするときは、力を入れすぎないことです。
中指・薬指、中指・人差し指など、2本の指の腹を用いてゆっくり
マッサージしていきます。

続いて、顔の血行を良くするマッサージです。
マッサージクリームを使用して、皮膚にダメージを与えないように
しましょう。

頬のマッサージでは、指を口角にのせ、口元の方向に滑らせて
いきます。そして、指をほほの真ん中にのせ、耳~顎を
通過させながらマッサージしていきます。

その後は、口元のマッサージに移行します。
両方の眉間に指をのせ、おでこを上部に向かって上げていき、
こめかみまで移動させます。それから、眉間に再び指をのせ、
目の周囲を一回転させるようにマッサージします。

以上のマッサージにより、効率よく顔の血行を良くできます

目元のクマには顔全体のストレッチがオススメ

顔の血行をよくするコメント(0)トラックバック(0)

目元のクマというのは、どうしても不健康なイメージを与えてしまいます。
疲労や寝不足によって生じることが多く、自己管理ができていないという
レッテルを貼られることもあります。血流悪化がクマの要因なので、
普段から目の周辺の筋肉をほぐし、血行を良くすることが大切です。

そのために役立つのがストレッチです。顔をリラックスさせた状態で、
各パーツを動かしていきます
顔のパーツを適切な位置にするには、眉毛・目・鼻・口などを縮め、
そのまま5秒間ほど維持し、それから力を抜いて自然な状態にします。

続いて、顔を伸ばす動作をします。
目をいっぱいに開け、口元も上に引き上げ、顔の皮膚を伸ばしてから
5秒間ほど我慢します。それから、自然と元の状態に戻していきます。

ストレッチの回数は決まっていませんが、だいたい5回くらい行えば
効果が体感できるとされます。
顔の筋肉が柔軟になると、自然と血行も良くなります
 
疲れ顔になっていたり、口や目が上手に開かないときは、顔の筋肉が
疲れているか、血行が悪くなっているのが要因です。

ストレッチのタイミングとしては、入浴時や眠る前がオススメです。
スキンケアを行うついでに実践すれば、かなり手間を省けるはずです。

顔の血行を良くすれば、見た目にも健康的な顔になります
顔色もよくなり、化粧ノリもよくなるはずです。
顔全体の血流を良くすることは、美顔を手に入れるための基本です。
ぜひ、紫外線対策と併せて実践しましょう。

顔ストレッチで血行促進

顔の血行をよくするコメント(0)トラックバック(0)

シワ・たるみなどの肌トラブルは、普段からのケアによって軽減できます。
ケアの方法には、紫外線カットやスキンケアがありますが、ほかにも
顔の血行を良くする方法もあります。
血液の流れを良くすれば、肌年齢よりも若返ることが可能です。
 
そこでオススメしたいのが、顔の筋肉を強化して美顔を実現するという
顔ストレッチです。顔ストレッチを継続的に行えば、肌のハリがよみがえり、
化粧ののりも良くなるでしょう。
 
顔のケアで大切なのは、肌にダメージを与えないことです。
蓄積したダメージをあとから解消することは難しく、それはいちど発生した
シミが消えにくいことからも分かります。
 

■顔ストレッチのやりかた~とびっきりの笑顔を作る~

口を左右いっぱいに広げるだけです。この状態を5秒間維持したら、
力を抜いて普通の状態にします。
この動作を何回か行えば、徐々に自然な笑顔が作れるようになります。
 
動かすのは口だけですが、口とつながっている器官も連動するので、
顔全体の血行を促進できるのです。ほほ・首筋などの筋肉を上手に使う
ことで、血流が解消すれば、顔色もよくなっていくでしょう。
 
また、口の開閉がしやすくなったり、顔に暖かさを感じたり、目が楽に
なったりします。
この状態は、緊張した筋肉を解きほぐし、リラックスさせている状態です。
 
過度なマッサージはマイナス作用となりますが、無理をしない程度に
実践すれば、顔の血行を良くして美顔にもつながるでしょう。

 


顔の血行を良くするには

顔の血行をよくするコメント(0)トラックバック(0)

健康のためには、体内の血流を正常にすることが大切なのは、
ほとんどの人が知っています。
しかし、顔の血行の大切さは、あまり重要視されることは
ないようです。
 
顔色という言葉があるように、顔にも常に血液が流れています。
血液が不足した状態は、酸素・栄養素が不足している状態であり、
肌トラブル(疲れ顔・老け顔)などの要因となります
 
また、たるみ・くすみ・シワ・シミなども多くなります。
肌トラブルを防ぐ手段といえば、紫外線によるダメージを軽減する
ことが重視されますが、顔の血行を良くすることも非常に大切なのです。
 
血液の流れが良くなると、新陳代謝がスムーズになります。
代謝がよいと、体内の老廃物をスムーズに排出できるため、
古い角質の処理も早くなります。代謝が悪化した状態は、
新しい肌を作る機能を悪化させているため、美容面においても
マイナスとなるのです。
 
■顔の血行を良くする方法
 
顔を指先でマッサージする方法が有名ですが、さらに手軽に
できる方法があります。その方法とは、入浴時に行えるものです
 
入浴しているとき、湯船のなかにタオルを浸し、これを顔面に
あてがうだけです。
すると、ほどよく顔を温められるので、効率よく血行が良くなるのです
 
タオルが冷めてきた場合は、また湯船に入れて温めると再利用できます。
40度くらいの湯温ならば、顔を温める効果が弱いと思う人もいるでしょうが、
人間の平熱と比べるとずっと高いので、十分な効果が得られるのです。

TOPPAGE  TOP