血行不良によるトラブル

血行不良からおこる肌荒れを防止

血行不良によるトラブルコメント(0)トラックバック(0)

肌トラブルのなかでも、肌荒れは美容を害する大きな要因です。
肌荒れが生じる原因は、紫外線の照射・皮脂の蓄積のほかに
血行不良があります。

皮膚の血流が悪化すると、美肌成分の供給が悪化します
食べ物から摂取した栄養素は、血流に乗って細胞に届けられる
からです。

肌荒れを防ぐためには、血行を良くする対策が有効です。
血行が良くなれば、肌の血色がよくなり、化粧が上手に乗ることで
スキンケアも行いやすくなります。また、コラーゲンやヒアルロン酸
などを細胞に届ける機能も高まるでしょう。

体の健康や美容の基本は、血液にあるとされます。
血液が汚れている状態は、体が不健康であることを意味します。
この状態は、目にクマが生じたり、顔色が悪くなったり、冷え性に
なったりするなど、さまざまなデメリットを引き寄せます。

■血流改善のポイント

調ったリズムで生活することが一番重要です。
寝不足や過労・ストレスなどは、ホルモンバランスの悪化にも
つながり、自律神経を乱すことになります。

すると、体内の血流が悪くなることで、便秘や肌荒れなどに発展
します。また、新陳代謝が悪化することで、肌の生まれ変わりが
スムーズに行われなくなります。蓄積した体内毒素が脂肪に
吸着すると、ダイエットの効果を妨げてしまいます。

そして、冷えを遠ざけるケアも大切です。
冷えによる肌荒れのほとんどは、血行を良くすることで解消します
温かい血液を全身に行き渡らせ、手先・足先などの毛細血管も
温めましょう。

TOPPAGE  TOP