血行と体のしくみ

血行とは血液の流れのことを言います。
血行を良くすることは、体を健康にするための基本です。
体内には血液が循環しており、酸素や栄養素を全身に届けています。
この流れが悪化すると、さまざまな不具合が生じることになります。
 
よくあるのは、冷え性・肩こりなどです。
体の冷えは、自律神経にも悪く働き、不眠症に至ることもあります
また、ガンなどの重大疾患にも冷えが関係しており、冷えた臓器から
リスクが高まることが知られています。
 
体中には血管が張り巡らされています。頭のてっぺんから足先まで、
太い血管から毛細血管まであり、前進に血液を送り届けています。
 
血液は、心臓~大動脈~心臓というサイクルによって循環しています。
この一連の流れを血行と呼んでおり、血管が拡張しているか
収縮しているかにより、良くも悪くもなります
 
血液を正しく流すためには、筋肉が正常に動くことが重要となります。
血液のポンプとなる役割は、筋肉の収縮が担っているのです。
 
筋肉を健康に保つためには、体の柔軟性を整えることです。
そのためには、適度な運動や同じ姿勢を避けることが大切となります。
筋肉がこわばってしまうと、血行を良くするうえで支障が出てきます。
 
体内の血液循環を整えることは病気予防の基本です。
血液の流れが悪化すると、冷えが生じることで自律神経を崩したり、
免疫力を下げたりします。
冷え症は、病気になりやすい体質だと言えます。

 

病気を防ぐためには、冷え性を解消するために血液の流れを
良くすることが重要です。

関連記事

  1. 視力回復に役立つ!目の血液循環をよくする方法
  2. 血行と体のしくみ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://junon.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1

コメントする

TOPPAGE  TOP